ソニーブラビア2024年 新型グローバルモデル発表!!【随時更新】

※本サイトはアフェリエイト広告を利用してます。
NEWS

ブラビアの2024年新型モデルが、2024年4月17日(水)25:00にYouTube公式チャンネルSony-Globalから発表されました。

なお、発表されたのはグローバル版であり日本モデルではないです。
日本モデルの発表も近々ありますので当サイトでもまた記事にする予定です。

例年は年明け早々に発表されることが多いですが、2023年は2ヶ月ほど遅い3月1日にグローバルモデルがプレス発表され、今年は更に遅い2024年4月17日発表でしたので、まだなのかとモヤモヤしていた方も多いと思いますが発表されました。
今回発表されたモデルは、テレビ4モデル、サウンドバー3モデル、ネックスピーカー1モデルです。

なお、今後も詳細が分かりしだい情報更新していきます。

スポンサーリンク

Newモデル ラインアップ

4Kテレビ
・『BRAVIA 9 』Mini LEDバックライト(量子ドット)4K液晶テレビ:85型/75型/65型
・『BRAVIA 8』有機EL(OLED)4Kテレビ:77型/65型/55型
・『BRAVIA 7』Mini LEDバックライト(量子ドット)4K液晶テレビ:85型/75型/65型/55型
・『BRAVIA 3』4K液晶テレビ:85型/75型/65型/55型/50型/43型

サウンドバー・ホームシアターシステム
・『BRAVIA THEATREブラビア・シアター QUADクアッド』合計16スピーカーを搭載したホームシアターシステム:$2,499.99 (約386,000円)
・『BRAVIA Theater Barブラビア・シアターーバー 9』13スピーカー搭載サウンドバー: $1,399.99 (約216,000円)
・『BRAVIA Theater Bar 8』11スピーカー搭載サウンドバー: $999.99 (約154,000円)

ネックスピーカー
・『BRAVIA Theaterブラビア・シアター U』ネックスピーカー:$299.99 (約46,000円)

下記のYouTubeは、2024年4月17日(水)25:00に発表されたブラビア2024年新型モデルの公式映像です!(15分6秒)

スポンサーリンク

Newモデル 販売価格

日本円の価格は2024年4月17日(水)の為替レート1ドル154.3円で計算

「BRAVIA 9 」シリーズ Mini LEDバックライト(量子ドット)4K液晶テレビ:85型/75型/65型
K-85XR90:$5,499.99 (約849,000円)
K-75XR90:$3,999.99 (約617,000円)
K-65XR90:$3,299.99 (約509,000円)

「BRAVIA 8」シリーズ 4K有機EL(OLED)テレビ:77型/65型/55型
K-77XR80:$3,899.99 (約602,000円)
K-65XR80:$2,799.99 (約432,000円)
K-55XR80:$1,999.99 (約309,000円)

「BRAVIA 7」シリーズ Mini LEDバックライト(量子ドット)4K液晶テレビ:85型/75型/65型/55型
K-85XR70:$3,499.99 (約540,000円)
K-75XR70:$2,799.99 (約432,000円)
K-65XR70:$2,299.99 (約355,000円)
K-55XR70:$1,899.99 (約293,000円)

「BRAVIA 3」シリーズ 4K液晶テレビ:85型/75型/65型/55型/50型/43型
K-85S30:$1,799.99 (約278,000円)
K-75S30:$1,299.99 (約201,000円)
K-65S30:$999.99 (約154,000円)
K-55S30:$849.99 (約131,000円)
K-50S30:$699.99 (約108,000円)
K-43S30:$599.99 (約93,000円)

サウンドバー・ホームシアターシステム日本市場で発売決定!
・『BRAVIA THEATREブラビア・シアター QUADクアッド』:$2,499.99 (約386,000円) 330,000円(税込)6月1日発売予定
・『BRAVIA Theater Barブラビア・シアターーバー 9』: $1,399.99 (約216,000円) 209,000円(税込)6月1日発売予定
・『BRAVIA Theater Bar 8』: $999.99 (約154,000円) 143,000円(税込)6月1日発売予定

ネックスピーカー日本市場で発売決定!
・『BRAVIA Theaterブラビア・シアター U』:$299.99 (約46,000円) 39,600円(税込)6月14日発売予定

※価格はソニーストアのクーポン適用前です。なお、すでに展示やお試し体験会が開始されています。詳しくはソニーストアをご覧ください。

スポンサーリンク

BRAVIA 9シリーズ

sony公式YouTube(2分50秒)

『BRAVIA 9 』シリーズ Mini LEDバックライト(量子ドット)4K液晶テレビ:85型/75型/65型

X95Lの後継モデル:画質と音質を向上させたMini LEDバックライト(量子ドット)4K液晶テレビ

画質UP:明るさが約50%増、エリア駆動325%増により。細部までメリハリのある映像を再現しソニー史上最大輝度の4Kテレビ
なお、広視野角「X-Wide Angleエックス・ワイド・アングル」や、低反射パネル「X-Anti Reflectionエックス・アンチ・リフレクション」は引き続き採用されています。

音質UP:主に横方向の広がりを表現する「Acoustic Multi-Audio+」に加えて新たに上向きビーム・トゥイーターを採用

Prime videoキャリブレーテッド・モード:NetflixやBRAVIA COREブラビア・コアでは映画製作者が意図した画質を再現できるキャリブレーションモードが採用されていましたが、今回新たにPrime videoでも採用。

Dolby Vision Gaming対応Dolby Visionドルビー・ビジョンをゲームモードでも利用可能

設置:4ウェイスタンドで幅の広い家具や狭い家具に合わせて外側と内側の2ポジションに変更可能、そして更にサウンドバー設置のために高さもそれぞれ変更可能な4ウェイスタンドを採用

リモコン:充電式のバックライト付きプレミアムエコリモコン(日本モデルでの採用はなさそうではあります)

スポンサーリンク

BRAVIA 8シリーズ

sony公式YouTube(2分43秒)

『BRAVIA 8』シリーズ 4K有機EL(OLED)テレビ:77型/65型/55型

A80Lの後継モデル:ソニーのスタンダードクラス有機ELであり、日本で一番売れている有機ELテレビA80シリーズの後継モデル。

Prime videoキャリブレーテッド・モード:NetflixやBRAVIA COREでは映画製作者が意図した画質を再現できるキャリブレーションモードが採用されていましたが、今回新たにPrime videoでも採用。

Dolby Vision Gaming対応:Dolby Visionをゲームモードでも利用可能

設置:4ウェイスタンドで幅の広い家具や狭い家具に合わせて外側と内側の2ポジションに変更可能、そして更にサウンドバー設置のために高さもそれぞれ変更可能な4ウェイスタンドを採用

スポンサーリンク

BRAVIA 7シリーズ

sony公式YouTube(2分42秒)

『BRAVIA 7』シリーズ Mini LEDバックライト(量子ドット)4K液晶テレビ:85型/75型/65型/55型

「X90L」の後継?:ハイエンドクラス。
スペック的には「X93L」(日本発売のなかったモデル)の後継モデルですが、戦略的には「X90L」の後継モデルにあたると考えられます。
ソニー日本市場の中核モデルであり日本で一番売れているハイエンド液晶テレビX90シリーズが、Mini LEDバックライト(量子ドット)対応になって登場するカタチだと推測します。
日本市場でX90シリーズより売れている4Kテレビはありますが、どれもエントリーからミドルクラスです。

Prime videoキャリブレーテッド・モード:NetflixやBRAVIA COREでは映画製作者が意図した画質を再現できるキャリブレーションモードが採用されていましたが、今回新たにPrime videoでも採用。

Dolby Vision Gaming対応:Dolby Visionをゲームモードでも利用可能

設置:4ウェイスタンドで幅の広い家具や狭い家具に合わせて外側と内側の2ポジションに変更可能、そして更にサウンドバー設置のために高さもそれぞれ変更可能な4ウェイスタンドを採用

スポンサーリンク

BRAVIA 3シリーズ

『BRAVIA 3』シリーズ 4K液晶テレビ:85型/75型/65型/55型/50型/43型の公式YouTube(1分49秒)

X80Lの後継モデル:エントリークラスの4K液晶 (4K/60Hz)

スポンサーリンク

ホームシアターシステム BRAVIA THEATRE QUAD「HT-A9M2」

『HT-A9M2』の公式YouTube(2分32秒)

「BRAVIA THEATRE QUAD」 4.0.4chの合計16スピーカーを搭載したホームシアターシステム『HT-A9M2』
形状が円柱型から平ぺった型に変更され音質のプラス効果とマイナス効果が、どの様に作用するのか、こんなに薄いのに大丈夫なのかと個人的には一番興味があり気になる商品です。

クラス:フラッグシップ
系譜:HT-A9の後継モデルでフルモデルチェンジ
HDMI端子:入力1系統、出力1系統(8K/4K120、eARC/ARC)
対応音声フォーマット:DTS:X、DTS:X Master Audio、DTS-HD MasterAudio、DTS-HD High Resolution Audio、DTSExpress(DTS-HD LBR)、DTS 96/24、DTS、Dolby Atmos-Dolby TrueHD、Dolby Atmos-DolbyDigital Plus、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-4 AAC、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
オプション:引き続きオプションのワイヤレスサブウーファー (SW3/SW5)に対応

新モデル「HT-A9M2」と旧モデル「HT-A9」の違い

発売
新モデル HT-A9M2:2024年6月
旧モデル HT-A9:2021年8月
2年10ヶ月と短めなサイクルでのモデルチェンジ

価格:ソニーストア(クーポン等適用前)※2024年4月時点
新モデル HT-A9M2:¥330,000
旧モデル HT-A9:¥286,000
¥44,000の差

形状・サイズ
新モデル HT-A9M2:平板型
 スピーカー単体:幅289mm × 高さ275mm × 奥行き55mm (2.4kg)
 テーブルスタンド時:幅289×高さ306×厚み129mm
 壁掛けブラケット時:幅289×高さ279×厚さ73mm
スピーカーの大きさは、12インチのLP盤レコード(約310mmの正方形)のジャケットを少し小さくしたサイズ。
厚さは名刺の短編(55mm)ほど、スタンド込みだとCDケースの短編(125mm)ほどです。

旧モデル HT-A9:円柱型(幅160 × 高さ313 × 奥行き147mm(2.7 kg))
高さは2ℓペットボトルほど、もしくは五千円札の長辺(156mm)2枚ほど、幅は10,000円札の長辺(160mm)ほどです

グリル素材
新モデル HT-A9M2:メタルパンチング(上面) / ファブリック(側面)
旧モデル HT-A9:メタルパンチング(上面) / メタルパンチング(側面)
ファブリックになったので掃除がしにくいのと対ニャンコ戦の耐久値が下がっています

スピーカー構成
新モデル HT-A9M2:ウーファーを追加した3Way+イネーブルドスピーカー
 チャンネル数:16ch
 構成:4.0.4ch
 前面トゥイーター:19mmソフトドーム・トゥイーター (31.5 W)
 前面ウーファー:85mm x 85mm X-Balanced Speaker (31.5 W)バスレフレックス
 前面ミッドレンジ:60mmアコースティックサスペンション・ミッドレンジ (31.5 W)
 イネーブルドスピーカー :36mm x 79mm X-Balanced フルレンジイネーブルドスピーカー (31.5 W)
 実用最大出力合計値:1基あたり126W × 4基 = 504W

旧モデル HT-A9:2Way+イネーブルドスピーカー
 チャンネル数:12ch
 構成:4.0.4ch
 前面トゥイーター:19mmソフトドーム・トゥイーター (42W)
 前面フルレンジ:70mm × 82mm X-Balanced Speaker (42W)バスレフレックス
 イネーブルドスピーカー :46mm × 54mm X-Balanced Speaker (42W)
 実用最大出力合計値:1基あたり126W × 4基 = 504W

通信の安定性
新モデル HT-A9M2:電波出力が最大2.5倍、空き周波数帯への切り替え機能、デュアルアンテナによる通信の安定性強化
旧モデル HT-A9:シングルアンテナの従来仕様
これが今回1番うれしいパワーアップポイント!

Bluetoothバージョン
新モデル HT-A9M2:Ver.5.2
旧モデル HT-A9:Ver.5.0
バージョン5.1で方向探知機能、5.2でLE Audio機能(高音質・低遅延)が追加されていますが、必ず対応している必要はないのでバージョンの数字だけでは判別できないです。

Bluetooth送信/受信
新モデル HT-A9M2
 RX (受信):SBC/AAC/LDAC
 TX(送信):ー
旧モデル HT-A9
 RX (受信):SBC/AAC/LDAC
 TX(送信):SBC/LDAC

ネットワークサービス
新モデル HT-A9M2
 Chromecast built-in:ー
 Spotify Connect:対応
 Google Home:ー
 Works with Google アシスタント:-
 Google アシスタント built-in:ー
 Apple AirPlay2:対応
旧モデル HT-A9
 Chromecast built-in:対応
 Spotify Connect:対応
 Google Home:対応
 Works with Google アシスタント:対応
 Google アシスタント built-in:対応
 Apple AirPlay2:対応
旧Aシリーズは「Amazon Musicの360 Reality Audio(360RA)」を「Chromecast built-in」でキャストするカタチでしたので新モデルではどの様にキャストできるのか心配です。

自動音場最適化
新モデル HT-A9M2:本体マイク/スマホアプリ
旧モデル HT-A9:本体マイク

アプリ
新モデル HT-A9M2BRAVIA Connectブラビア・コネクト
旧モデル HT-A9Music Center controlミュージック・センター・コントロール

消費電力
新モデル HT-A9M2:コントロールユニット:13W / スピーカー:20W
旧モデル HT-A9:コントロールユニット:15W / スピーカー:22W

今回のモデルチェンジを見て感じたコンセプトは、問題になっていた通信性能の改善、壁掛けスタイルの提唱、収益改善のコストカットです。

スポンサーリンク

サウンドバー BRAVIA THEATRE Bar 9「HT-A9000」

公式YouTube(2分15秒)

13スピーカー搭載サウンドバー「BRAVIAブラビア THEATREシアター Barバー 9」: 『HT-A9000 』

クラス:フラッグシップサウンドバー
系譜:フラッグシップサウンドバーHT-A7000の後継モデル
HDMI端子:入力1系統、出力1系統(8K/4K120、eARC/ARC)
対応音声フォーマット:DTS:X、DTS:X Master Audio、DTS-HD MasterAudio、DTS-HD High Resolution Audio、DTSExpress(DTS-HD LBR)、DTS 96/24、DTS、Dolby Atmos-Dolby TrueHD、Dolby Atmos-DolbyDigital Plus、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-4 AAC、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
オプション:引き続きオプションのワイヤレスサブウーファー (SW3/SW5)に対応

新モデル「HT-A9000」と旧モデル「HT-A7000」の違い

発売
新モデル HT-A9000:2024年6月
旧モデル HT-A7000:2021年8月
2年10ヶ月と短めなサイクルでのモデルチェンジ

価格:ソニーストア(クーポン等適用前)※2024年4月時点
新モデル HT-A9000:¥209,000
旧モデル HT-A7000:¥187,000
¥22,000の差

スピーカー構成
新モデル HT-A9000:7.0.2ch(13ch)
 センタートゥイーター:22mmソフトドーム・トゥイーター (45W) ×1基
 センターウーファー:45mm x 90mm(コーン)X-Balanced Speaker (45W)×2基
 前面トゥイーター:10mmソフトドーム・トゥイーター×2基
 前面ウーファー:45mm x 90mm(コーン)X-Balanced Speaker (45W) ×2基
 前面ビームトゥイーター:×2基
 サイドフルレンジ:46mm x 54mm(コーン)X-Balanced Speaker ×2基
 イネーブルドスピーカー:46mm x 54mm X-Balanced Speaker ×2基
 パッシブラジエーター ×4基
実用最大出力合計値:585W

旧モデル HT-A7000:7.1.2ch(11ch)内蔵サブウーファー
 フルレンジ:46mm × 54mm (コーン)X-Balanced Speaker ×5基
 ウーファー(サブウーファー):51mm × 97mm (コーン)X-Balanced Speaker ×2基
 ビームトゥイーター:ビームトゥイーター ×2基
 イネーブルドスピーカー:46mm × 54mm X-Balanced Speaker ×2基
実用最大出力合計値:500W

360 Spatial Sound Mappingサンロクマル・スペシャル・サウンド・マッピング
新モデル HT-A9000:サウンドバー単体で生成
旧モデル HT-A7000:オプションのリアスピーカーが必要
新型はサウンドバー単体でもファントムスピーカーを5基生成して「360 Spatial Sound Mapping」再生出ますが効果は劣ります。

HDMI端子数
新モデル HT-A9000:HDMI入力1/出力1
旧モデル HT-A7000:HDMI入力2/出力1
コストカット

Bluetooth送信/受信
新モデル HT-A9000
 RX (受信):SBC/AAC/LDAC
 TX(送信):ー
旧モデル HT-A7000
 RX (受信):SBC/AAC/LDAC
 TX(送信):SBC/LDAC
スマホの音楽を受け取るのは受信なので、送信に対応していなくても問題になる方は少なそう

Bluetoothバージョン
新モデル HT-A9000:Ver.5.2
旧モデル HT-A7000:Ver.5.0
バージョン5.1で方向探知機能、5.2でLE Audio機能(高音質・低遅延)が追加されていますが、必ず対応している必要はないのでバージョンの数字だけでは判別できないです。

ネットワークサービス
新モデル HT-A9000
 Chromecast built-in:ー
 Spotify Connect:対応
 Google Home:ー
 Works with Google アシスタント:-
 Google アシスタント built-in:ー
 Apple AirPlay2:対応
旧モデル HT-A7000
 Chromecast built-in:対応
 Spotify Connect:対応
 Google Home:対応
 Works with Google アシスタント:対応
 Google アシスタント built-in:対応
 Apple AirPlay2:対応
旧Aシリーズは「Amazon Musicの360 Reality Audio(360RA)」を「Chromecast built-in」でキャストするカタチでしたので新モデルではどの様にキャストできるのか心配です。

スピーカーグリル
新モデル HT-A9000:ファブリック生地
旧モデル HT-A7000:前面:パンチングメタル・上部サイド:ファブリック生地
高級感はあるけど画面の光りが反射しやすく視聴の妨げになりやすい旧型に対し、反射はなくなり視聴しやすいけど高級感のなくなったシンプルデザインの新型。
ファブリックになったので掃除がしにくいのと対ニャンコ戦の耐久値が下がっています

表示ディスプレイ
新モデル HT-A9000:ー
旧モデル HT-A7000:表示ディスプレイ
コストカット

自動音場最適化
新モデル HT-A9000:本体マイク/スマホアプリ
旧モデル HT-A7000:本体マイク

アプリ
新モデル HT-A9000:BRAVIA Connect
旧モデル HT-A7000:Music Center control

サイズ
新モデル HT-A9000:幅1300 × 高さ64 × 奥行113mm (5.5kg) ※幅は59型パネルサイズ相当
旧モデル HT-A7000:幅1300 × 高さ80 × 奥行142mm (8.7kg)
横幅ドラえもんサイズは変わらないけど高さと奥行がコンパクトになり体積が約36%小さくなったことで設置性が改善

消費電力
新モデル HT-A9000:62W
旧モデル HT-A7000:65W

今回のモデルチェンジを見て感じたコンセプトは、設置性を高めるためのコンパクト化と収益改善のコストカットです。

新モデル HT-A9000
旧モデル HT-A7000
スポンサーリンク

サウンドバー BRAVIA THEATRE Bar 8「HT-A8000」

sony公式YouTube(2分15秒) Bar9と同じYouTube

11スピーカー搭載サウンドバー「BRAVIAブラビア THEATRE Barシアターバー 8」: 『HT-A8000』

クラス:ハイエンドサウンドバー
系譜:ハイエンドサウンドバーHT-A5000の後継モデル
HDMI端子:入力1系統、出力1系統(8K/4K120、eARC/ARC)
対応音声フォーマット:DTS:X、DTS:X Master Audio、DTS-HD MasterAudio、DTS-HD High Resolution Audio、DTSExpress(DTS-HD LBR)、DTS 96/24、DTS、Dolby Atmos-Dolby TrueHD、Dolby Atmos-DolbyDigital Plus、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-4 AAC、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
オプション:引き続きオプションのワイヤレスサブウーファー (SW3/SW5)に対応

新モデル「HT-A8000」と旧モデル「HT-A5000」の違い

発売
新モデル HT-A8000:2024年6月
旧モデル HT-A5000:2022年10月
1年8ヶ月と短いサイクルでのモデルチェンジ

価格:ソニーストア(クーポン等適用前)※2024年4月時点
新モデル HT-A8000:¥143,000
旧モデル HT-A5000:¥121,000
¥22,000の差

スピーカー構成
新モデル HT-A8000:5.0.2ch(11ch)
 センターウーファー:45 x 90(コーン)X-Balanced Speaker (45W) ×2基
 センタートゥイーター:22mmソフトドーム・トゥイーター (45W) ×1基
 ウーファー:45 x 90(コーン)X-Balanced Speaker (45W) ×2基
 トゥイーター:10mmソフトドーム・トゥイーター (45W) ×2基
 イネーブルドスピーカー:46 x 54X-Balanced Speaker (45W) ×2基
 サイドフルレンジ:46 x 54(コーン)X-Balanced Speaker (45W) ×2基
実用最大出力合計値:495W

旧モデル HT-A5000:5.1.2ch(9ch)内蔵サブウーファー
 フルレンジ:46mm x 54mm X-Balanced Speaker (50W) ×3基
 ウーファー:45mm x 108mm X-Balanced Speaker (50W) ×2基
 ビームトゥイーター(50W) x 2基
 イネーブルドスピーカー:46mm x 54mm X-Balanced Speaker (50W) ×2基
実用最大出力合計値:450W

360 Spatial Sound Mappingサンロクマル・スペシャル・サウンド・マッピング
新モデル HT-A9000:サウンドバー単体で生成
旧モデル HT-A7000:オプションのリアスピーカーが必要
新型はサウンドバー単体でもファントムスピーカーを5基生成して「360 Spatial Sound Mapping」再生出ますが効果は劣ります。

Bluetooth送信/受信
新モデル HT-A8000
 RX (受信):SBC/AAC/LDAC
 TX(送信):ー
旧モデル HT-A5000
 RX (受信):SBC/AAC/LDAC
 TX(送信):SBC/LDAC
スマホの音楽を受け取るのは受信なので、送信に対応していなくても問題になる方は少なそう

Bluetoothバージョン
新モデル HT-A8000:Ver.5.2
旧モデル HT-A5000:Ver.5.0
バージョン5.1で方向探知機能、5.2でLE Audio機能(高音質・低遅延)が追加されていますが、必ず対応している必要はないのでバージョンの数字だけでは判別できないです。

ネットワークサービス
新モデル HT-A8000
 Chromecast built-in:ー
 Spotify Connect:対応
 Google Home:ー
 Works with Google アシスタント:-
 Google アシスタント built-in:ー
 Apple AirPlay2:対応
旧モデル HT-A5000
 Chromecast built-in:対応
 Spotify Connect:対応
 Google Home:対応
 Works with Google アシスタント:対応
 Google アシスタント built-in:対応
 Apple AirPlay2:対応
旧Aシリーズは「Amazon Musicの360 Reality Audio(360RA)」を「Chromecast built-in」でキャストするカタチでしたので新モデルではどの様にキャストできるのか心配です。

スピーカーグリル
新モデル HT-A8000:ファブリック生地
旧モデル HT-A5000:パンチングメタル
ファブリックになったので掃除がしにくいのと対ニャンコ戦の耐久値がかなり下がっています

表示ディスプレイ
新モデル HT-A8000:ー
旧モデル HT-A5000:表示ディスプレイ
コストカット

自動音場最適化
新モデル HT-A8000:本体マイク/スマホアプリ
旧モデル HT-A5000:本体マイク

アプリ
新モデル HT-A8000:BRAVIA Connect
旧モデル HT-A5000:Music Center control

サイズ
新モデル HT-A8000:幅1100 × 高さ64 × 奥行113mm (4.7kg) ※幅は50型パネルサイズ相当
旧モデル HT-A5000:幅1210 x 高さ67 x 奥行140mm (6.1kg) ※幅は55型パネルサイズ相当

消費電力
新モデル HT-A8000:60W
旧モデル HT-A5000:86W

今回のモデルチェンジを見て感じたコンセプトは、設置性を高めるためのコンパクト化と収益改善のコストカットです。

新モデル HT-A8000
スポンサーリンク

ネックスピーカー BRAVIA Theatre U『HT-AN7』

sony公式「BRAVIA Theatre U」:1分39秒

BluetoothネックスピーカーBRAVIAブラビア Theaterシアター:『HT-AN7』

クラス:高音質の最上位ウェアラブルネックスピーカー
系譜:SRS-NS7の後継モデル。前モデルの「SRS-NS7」は、コロナ化真っ只中の2021年10月発売でしたので3年待たずにモデルチェンジです。ネックスピーカーとしては短いサイクルでのモデルチェンジです。

最大12時間再生:4時間の充電で最大12時間再生
急速充電対応:10分の急速充電で1時間再生可能
360 Reality Audio:360 Reality Audio を使用すると、音楽なら、まるでコンサート会場にいるかのような臨場感を得られます
360 空間サウンド:対応のブラビアとの組み合わせで、没入感のあるDolby Atmosを再現
360 Spatial Sound Personalizer アプリ:耳の形状をキャプチャしより良いサウンドを実現
防水:IPX4 防滴仕様
マルチポイント:BRAVIA Theater Uを2台のBluetooth機器と同時にペアリングできるので、スマホとテレビなどの組み合わせなどもスムーズに自動切換えできます
最大通信距離:30m(Class1)

新モデル「HT-AN7」と旧モデル「SRS-NS7」の違い

発売
新モデル HT-AN7:2024年6月14日発売予定
旧モデル SRS-NS7:2021年10月
2年8ヶ月と短いサイクルでのモデルチェンジ

価格:ソニーストア(クーポン等適用前)※2024年4月時点
新モデル HT-AN7:39,600円 + WLA-NS7:8,800円=48,400円
旧モデル SRS-NS7:デビュー当時は33,000円ほどでトランスミッター付き
15,400円値上げ(46.7%増)とかなりの値上げ率

トランスミッター
新モデル HT-AN7:別売
旧モデル SRS-NS7:付属
「WLA-NS7」8,800円ソニーストア(クーポン等適用前)

ドライバー
新モデル HT-AN7:1.5倍に大型化することで音圧アップだけでなくひずみを抑えたクリアな音質を実現。また剛性にすぐれたアルミ素材を振動板に採用することで解像度と明瞭度もアップ。
旧モデル SRS-NS7

軽量化:50gの軽量化
新モデル HT-AN7:268g
旧モデル SRS-NS7:318g

柔軟な形状
新モデル HT-AN7:形状記憶用の特殊素材で幅調整が可能となり、着けやすく外しやすくフィット感もUP!
旧モデル SRS-NS7

テレビとネックスピーカーの同時再生
新モデル HT-AN7:対応
旧モデル SRS-NS7:ー

2台同時接続:1台目のネックスピーカーをBluetooth接続し、1台目を親機として2台目が子機になり同時に楽しめる
新モデル HT-AN7:対応
旧モデル SRS-NS7:ー

有線接続:付属の有線オーディオ ケーブル接続を使用して低遅延でゲームを楽しむことができます。 (PlayStation 5コンソールやPCなどのさまざまなデバイスと互換性があります)
新モデル HT-AN7:対応
旧モデル SRS-NS7:ー
注意点は有線接続時はエコーを抑えるために内蔵マイクは使用できなくなります。

Bluetoothバージョン
新モデル HT-AN7:Ver5.0
旧モデル SRS-NS7:Ver5.2
バージョン5.1で方向探知機能、5.2でLE Audio機能(高音質・低遅延)が追加されていますが、必ず対応している必要はないのでバージョンの数字だけでは判別できないです。

サイズ
新モデル HT-AN7:約235mmx48mmx178mm (約268g)
旧モデル SRS-NS7:約244mm x 53mm x 185mm (約318g)

ボディーカラー
新モデル HT-AN7:ダークグレー
旧モデル SRS-NS7:ブラック

クリアな通話
新モデル HT-AN7:Precise Voice Pickup Technology を利用した AI ベースのノイズ低減アルゴリズムにより、さまざまな環境で優れた通話の明瞭さを実現
旧モデル SRS-NS7

今回のモデルチェンジで感じたコンセプトは、音質アップと要望の多かった問題点改善という王道スタイル。本来、モデルチェンジとはこうあって欲しいという見本の様で素晴らしいです。
ただし、値上げがキツイです。トランスミッターが別売になってこのお値段なのが悩みどころです。

スポンサーリンク

サウンドバー比較表

機種名ーー商品写真ーーソニーストアー価格 
(クーポン等適用前)
グレード発売年スタイル拡張スピーカー
構成
チャンネル数
実用最大出力
合計値
イネーブルド
スピーカー
(高さ方向)
ビーム
トゥイーター
(横方向)
センター
シンク
クイック
操作
ディスプレイDolby
Atmos
DTS:X8K/4K放送
MPEG-4 AAC
D/BS/CS
MPEG-2 AAC
自動音場
最適化機能
360 Spatial
Sound Mapping
360 Reality
Audio
ハイレゾBluetooth
バージョン
Bluetooth
受信
Bluetooth
送信
HDMI
入力/出力
8K/4K
パススルー
VRR/ALLM
パススルー
無線
LAN
LAN
端子
コントロール
アプリ
サイズ消費電力備考
New!
HT-A9M2
¥330,000フラッグシップ2024年
6月
ホームシアターサブウーファー4.0.4 ch
(16ch)
504W本体マイク
スマホ
Ver.5.2SBC
AAC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
WI-FI 5BRAVIA
Connect
テーブルスタンド時:幅289×高さ306×厚み129mm(2.4 kg×4)
壁掛けブラケット時:幅289×高さ279×厚さ73mm
※LPジャケットを少し小さくしたサイズ
CB:13W
SP:20W
HT-A9¥286,000フラッグシップ2021年
8月
ホームシアターサブウーファー4.0.4ch
(12ch)
504W本体マイクVer.5.0SBC
AAC
LDAC
SBC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
WI-FI 5Music Center幅160mm x 高さ313mm x 奥行147mm
※高さは2ℓペットボトルほど、幅は1,000円札の長辺ほど
CB:15W
SP:22W
New!
HT-A9000
¥209,000フラッグシップ2024年
6月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
7.0.2ch
(13ch)
585W本体マイク
スマホ
Ver.5.2SBC
AAC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
WI-FI 5BRAVIA
Connect
幅1300 × 高さ64 × 奥行113mm (5.5kg)
※幅は59型パネルサイズ相当
62W
HT-A7000¥187,000フラッグシップ2021年
8月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
7.1.2ch
(内蔵SW)
500W本体マイク
別売のリアSPが
必要
Ver.5.0SBC
AAC
LDAC
SBC
LDAC
2/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
WI-FI 5Music Center幅1300 × 高さ80 × 奥行142mm (8.7 kg)
※幅は59型パネルサイズ相当
65W
New!
HT-A8000
HT-A8000¥143,000ハイエンド2024年
6月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
5.0.2ch
(11ch)
495W本体マイク
スマホ
Ver.5.2SBC
AAC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
WI-FI 5BRAVIA
Connect
幅1100 × 高さ64 × 奥行113mm (4.7kg)
※幅は50型パネルサイズ相当
60W
HT-A5000¥121,000ハイエンド2022年
10月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
5.1.2ch
(内蔵SW)
450W本体マイク
別売のリアSPが
必要
Ver.5.0SBC
AAC
LDAC
SBC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
WI-FI 5Music Center幅1210 × 高さ67 × 奥行140mm (6.1 kg)
※幅は55型パネルサイズ相当
86W 
※ 2024/4/20時点のソニーストアー価格(クーポン等適用前)

表にしてみましたが違いが少ないですね…下位モデルも入れると違いが出るんですけど、全部上位モデルなので…

スポンサーリンク
あとがき

最後までご覧いただきありがとうございます。

昨年度はモデルの数は多かったけど内容がゲーム対応の進化くらいで興味がなかったので記事を書きませんでした。今年もHDMI120Hz対応が2個のままだったり、Newモデル数が少なく地味ですが内容が良いので興味があります。

今までポンコツ仕様だった部分がパワーアップするからです!
ストレージ32GB、Wi-Fi 6、Bluetoothバージョン5.3(HID/HOGP/SPP/A2DP/AVRCP)に進化したり、公式発表はないですが海外検証サイトだとSoCも進化する様なので楽しみです。

テレビもサウンドバーもネックスピーカーも欲しいけど お高いので どれか1つくらいしか購入できなさそうです。
日本は低賃金すぎてテレビ1台買うのも大変です。

スポンサーリンク

話は変わりますが、カリフォルニア州マクドナルドの時給が2024年4月から最低20ドルになりました。
対して日本の西武新宿駅前店1200円。(2024年4月調べ)
1ドル150円のレートで計算すると時給3000円なので日本の時給は60%オフです。

そんな中『XR-55X90L』を購入する場合にマクドナルドで何時間働けば購入できるのか検証してみます。
2024年4月18日のメーカーサイト割引前の価格は下記の通りです。
アメリカ:$1,899.99=時給20ドルだと95時間 (1日8時間勤務で12日ほど)
日本:\242,000(税込)=時給1200円だと202時間 (1日8時間勤務で25日ちょい)

なんと日本では2倍以上働かないと『XR-55X90L』を購入できないです・・・
まあ、物価が約2倍なので生活費も考えると差は縮まると思いますが、それでもアメリカの方がお手軽に買えるのは間違いないです。

1つの指標だと間違いが起きやすいので念のために『XR-55X90L』は、ビックマック何個分なのかも検証!

アメリカのビックマック:5.69ドル (日本円で853円相当で日本より1.9倍高いです)=ビックマック333.9個
日本のビックマック:450円=ビックマック537.7個
その差ビックマック203.8個分です。円安とは言え差があり過ぎてアメリカの様にお手軽に買い換えられないのは間違いないです。

こんな状況なので日本市場の売れ筋の4Kテレビは、エントリクラス~ミドルクラスばかりでハイエンドモデル以上は極端に少ないです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました