ゼンハイザー「AMBEO Soundbar Plus」

※本サイトはアフェリエイト広告を利用してます。
AMBEO Soundbar Plus サウンドバー

AMBEO Soundbar Plus

海外では昨年度から発売が開始されたゼンハイザーのハイエンドサウンドバー「AMBEO Soundbar Plusアンビオ サウンドバー プラス」が日本市場でも2023年 6月15日に発売されました。
世界初のハイトチャンネルを含む最大7.1.4チャンネルのアップミックス再生対応のサウンドバーです。

デザインは、サイド周りをファブリック生地で覆い、天面両中央にコントロールのためのタッチセンサー、4基のマイク、インジケータランプを備え、天面両サイドはパンチングメタルで覆い3度傾斜させる事で高さ方向の音響効果を向上させています。

写真の画像が小さくて荒く分かりにくいと思いまうすが、使用してよい画像の制限があるのですみません。

スピーカーはすべて自社開発のドライバーを合計9基搭載。
フルレンジドライバーが7基(フロント3基、サイド2基、天面2基)、
4インチロングスローウーファーを天面上向きに2基設置する事で、本体の高さを抑えながら豊かな低域を再現し、これらのドライブを出力400WのD級アンプで駆動する構成です。

珍しいのは、ツイーターが搭載されていません。
これは高音域まで再現できるフルレンジドライバーを採用し中高音の音の繋がりを重視したからです。
スピーカードライブを高音、中音、低音と分けて数が多いと良い様に思う方が多いですが、種類が多いと音が分離して繋がりが悪くなってしまうデメリットがありますので、ツイーターを採用しない手法もあります。

そして、フルレンジドライバーで高音域を再現するために素材はアルミを使用しています。
アルミの特性は一般的な紙製と比べるとコストが高く、コントロールが難しいですが、軽量なので反応性が速く、剛性が高いので歪みの少ない音を作り出せるメリットがあります。
その特性を利用して音速を速くし高域の再生周波数を伸ばしているのだと思われます。

スポンサーリンク

視聴してみた音質は、はっきりと音の場所が決まっていて解像度が高く中高音がクリアで音楽を聴くのにも適しています。またセリフも明瞭で聞き取りやすいです。
ただし、低音はそれほど出ないので同時発売のサブウーファー「AMBEO Sub」をプラスする事をおすすめします。


上向きに設置された8インチのロングスローウーファー密封型と360WのD級アンプを搭載し、27Hz~80Hz、クロスオーバー周波数は80Hzを再現します。
密封型ですので歪みが少なく豊かな低音が再現させるだけでなく中高音も豊かになり全ての音が整います。


サラウンド感は、世界初のハイトチャンネルを含む最大7.1.4チャンネルなので期待しましたが、上からの音はしますが、それほど高くないですし包まれている感も高くはないです。
視聴前はサラウンド重視タイプなのかと思っていましたが音質重視の様です。

音響モードは、映画、音楽、ニュース、スポーツ、ナチュラル、ナイトモード、ボイスエンスメントモード、アダプティブから選べます。
Adaptive(アダプティブ)は、映画や音楽などコンテンツに合わせて自動で音響効果を変えてくれます。

また、本体に4基のマイクを装備し簡単にルームキャリブレーションができます。
壁との距離だけでなく、音を吸収するカーテンや家具の配置までも計測し自動で最適化してくれます。

Bluetoothバージョンは5.2、コーデックはSBCとAAC、Wi-Fi 6対応。
AirPlay 2、Chromecast built-in、Spotify Connect、Tidal Connectなども利用できますので充実した音楽ライフを楽しめるサウンドバーです。

公式ページ

売れ筋ランキング

ちなみに各サイトでの人気商品はこちらです。(安いのが売れているだけです)
Amazon売れ筋ランキング
楽天市場サウンドバーランキング
Yahoo!「サウンドバー」のランキング 1位~100位

スポンサーリンク

おすすめポイント & いまいちポイント

おすすめポイント

・解像度が高く中高音がクリアで音楽を聴くのにも適している音質
・サブウーファー増設可能
・幅1051mm (48V型相当)で設置しやすい
・HDMI入力×2
・DTS-X対応
・Bluetoothバージョンは5.2、コーデックはSBCとAACに対応
・Wi-Fi 6に対応
・AirPlay 2、Chromecast built-in、Spotify Connect、Tidal Connectなども利用できますので充実した音楽ライフを楽しめる
・アプリが使いやすいですし、サンプル音源も入っているのでサウンドテストもしやすいのがよいです

スポンサーリンク
いまいちポイント

・力強い低音を求める方ですと物足りないので同時発売のサブウーファー「AMBEO Sub」が必要(各メーカー共通ですが1ユニットでは無理です)
・リアスピーカー増設不可なのでサラウンド感を求める方には物足りない
・「MPEG-4 AAC」「MPEG-2 AAC」非対応のためテレビによっては放送波だと正常に音が出ない場合もある
・4K/120fpsパススルー非対応 (4K/60fps対応)
・IRリピータ非対応
・壁掛け金具別売
・価格

注意

一部の企業記事に「MPEG-4 AAC」対応と記載がありますが非対応なのでご注意ください。

Amazonホリデーセール

ゼンハイザーのサウンドバーは、普段は安定価格で安くならないので購入検討中の方はチャンスです。

普段は安くならないサブウーファーもお安くなってます!

・コンパクトサイズ「AMBEO Soundbar Mini」は品薄です Amazon
・フラッグシップモデル「-AMBEO- Soundbar | Max」は流通していないので公式ショップでご購入ください

スポンサーリンク

MAXとPlusの違い

「AMBEO Soundbar Plus」は、世界初のハイトチャンネルを含む最大7.1.4チャンネルのアップミックス再生対応のサウンドバーなので、以前より発売されている「AMBEO Soundbar MAX」より上なのかと思っている方も多いですが、音質やサラウンド感など音質面は「AMBEO Soundbar MAX」の方が優れています。

ただし、同時発売のサブウーファー「AMBEO Sub」をプラスすると低音はPlusの方が優れていますが、中高音はMAXが優れています。
トータル的な音質は好みにより変わりますが個人的には「AMBEO Soundbar Plus」+「AMBEO Sub」が好みでした。

MAXとPlusの主な違い
商品名参考価格流通状況発売日サイズスピーカー構成
最大出力
ドライブ数
スピーカー構成詳細再生対応周波数Bluetooth
バージョン
対応フォーマット
WiFi 入力端子出力端子ルーム
キャリブレーション
AMBEO Soundbar MAXアンビオ サウンドバー マックス¥357,500✖︎
公式サイト
以外はほぼなし
2021年 7月
(ドイツ、アメリカなどは
2019年 5月)
幅1265 x 奥行171 x 高さ135 mm
18.5kg
57V型相当
5.1.4ch
500W
合計13基
10cmセルロース・サンドイッチコーン×6基(フロント×6)
2.5cmツイーター・ アルミニウムコーン×5基(フロント×3基、サイド×2基)
9cm上向きフルレンジ×2基
30Hz-20kHz
(-3dB)
Ver,4.2
SBC/AAC
WiFi 5HDMI  2.0a(4K/60Hz)×3eARC (HDMI 2.1)
光デジタル(最大192 Hz)
RCA
サブウーファ用のプリアウト×1
付属の測定用マイク
AMBEO Soundbar Plusアンビオ サウンドバー プラス¥242,0002023年
6月15日
(海外は2022年)
幅1051 × 高さ77 × 奥行121mm
6.3kg
48V型相当
7.1.4ch
400W
合計9基
フルレンジドライバー ×7基(フロント×3基、サイド×2基、天面×2基)
4インチ天面上向きロングスローウーファー×2基
38Hz–20KhzVer,5.2
SBC/AAC
WiFi 6 HDMI 2.0a(4K/60Hz)×2eARC (HDMI 2.1)
光デジタル(最大192 Hz)
RCA
サブウーファー用のプリアウト×1
本体内蔵マイク
スポンサーリンク

詳細

ブランド:SENNHEISER(ゼンハイザー)
機種名:AMBEO Soundbar Plus
タイプ:1ユニット
拡張オプション:サブウーファー()
発売日:2023年 6月15日(海外では2022年発売)
メーカー価格:記載なし

スピーカー構成:7.1.4チャンネル
最大同時出力:400W (RMS)
再生周波数特性:38Hz – 20 Khz
入力端子: HDMI 2.0a(4K/60Hz) ×2
出力端子:HDMI eARC (HDMI 2.1) ×1、光デジタル×1、RCA×1
その他端子:サブウーファー用のプリアウト×1、USB(アップデート用)、LAN

対応音声フォーマット:LPCM 2、LPCM 5.1、LPCM 7.1、Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby True HD、Dolby Atmos – Dolby TrueHD、Dolby Atmos – Dolby Digital Plus、DTS、DTS-ES ディスクリート 6.1、DTS-ES Matrix 6.1、DTS 96/24、DTS-HD Master Audion、DTS-HD LBR、DTS:X、MPEG-H (Fraunhofer(フラウンホファー))、Dolby Atmos Music、Sony 360 Reality Audio

Wi-Fi:Wi-Fi 6
ワイヤレス通信距離:最大10m
Bluetoothバージョン:Ver5.2(A2DP, AVRCP, GATT)
Bluetoothコーデック:AAC/SBC

音声アシスタント:Google Home、Apple HomeKit、alexaなどと連携可能
純正アプリ:Smart Control(スマートコントロール)
その他アプリ:クロームキャストビルトイン, AirPlay2, Spotify connect, Tidal connect)にも対応。
最大ビットレート
視聴モード:映画、音楽、ニュース、スポーツ、ナチュラル、ナイトモード、ボイスエンスメントモード、アダプティブ

カラー:ブラック
サイズ:幅1051 × 高さ77 × 奥行121mm
重量:6.3kg
消費電力:通常時 :/ スタンバイ時:1.9 W(ネット接続無しスタンバイ: 0.5 W)
保証期間:正規取扱店は2年保証 + 30日間の返品制度
JANコード:4260752330251
同梱物
 AMBEO- Soundbar | Plus
 リチウム電池入りリモコン(赤外線, 通信距離は約8m)
 プレミアム高速HDMIケーブル
 電源コード
 取扱説明書
 クイックガイド
 セーフティガイドおよびコンプライアンスシート

公式サイト
電子説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました