HT-A7000 ソニーのフラッグシップモデル!映画とゲームに最も適した全部入りサウンドバー

※本サイトはアフェリエイト広告を利用してます。
サウンドバー
スポンサーリンク

HT-A7000』は、2017年11月に発売されたフラッグシップサウンドバー「HT-ST5000」の後継機種。
そしてそれを超えるべく開発され2021年8月に発売されたフラッグシップサウンドバーが『HT-A7000』です。

映画鑑賞に向いた最高峰のサウンドバーが欲しけれHT-A7000フルセットもしくはHT-A9フルセットで間違いないです。
両者の違いはスピーカーの存在感なく包み込まれいる感を重視するならHT-A9。
音質重視ならHT-A7000です。スピーカーから音が出ている感がある分しっかりとした豊かな音質です。

売れ筋ランキング

ちなみに各サイトでの人気商品はこちらです。(安いのが売れているだけです)
Amazon売れ筋ランキング
楽天市場サウンドバーランキング
Yahoo!「サウンドバー」のランキング 1位~100位

ソニー サウンドバー商品ラインアップ

機種名ーー商品写真ーーソニーストア価格 
(クーポン等適用前)
グレード発売年スタイル拡張スピーカー
構成
チャンネル数
実用最大
出力合計値
イネーブルド
スピーカー
(高さ方向)
ビーム
トゥイーター
(横方向)
アコースティック
センターシンク
クイック操作状態表示Dolby
Atmos
DTS:X8K/4K放送
MPEG-4 AAC
地デジ
BS/CS
MPEG-2 AAC
自動音場
最適化機能
360 Spatial
Sound Mapping
360 Reality
Audio
ハイレゾBluetooth
バージョン
Bluetooth
受信
Bluetooth
送信
HDMI
入力/出力
8K/4K
パススルー
VRR/ALLM
パススルー
無線
LAN
LAN
端子
ストリーミング
サービス
コントロール
アプリ
Amazon楽天市場Yahoo!サイズ消費電力備考
New!
HT-A9M2
¥330,000フラッグシップ2024年
6月
ホームシアターサブウーファー4.0.4 ch
(16ch)
504Wイネーブルド
スピーカー
アコースティック
センターシンク
クイック操作ディスプレイDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AAC自動音場
最適化
360 Spatial
Sound Mapping
360 Reality
Audio
ハイレゾVer.5.2
A2DP1.3.2
AVRCP1.5
SBC
AAC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
VRR/ALLM
パススルー
WI-FI 5LAN
端子
Apple AirPlay 2
Spotify Connect
BRAVIA
Connect
Amazon 楽天 Yahoo テーブルスタンド時:幅289×高さ306×厚み129mm(2.4 kg×4)
壁掛けブラケット時:幅289×高さ279×厚さ73mm
CB:13W
SP:20W
HT-A9¥286,000フラッグシップ2021年
8月
ホームシアターサブウーファー4.0.4ch
(12ch)
504Wイネーブルド
スピーカー
アコースティック
センターシンク
クイック操作ディスプレイDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AAC自動音場
最適化
360 Spatial
Sound Mapping
360 Reality
Audio
ハイレゾVer.5.0
A2DP1.3
AVRCP1.5
SBC
AAC
LDAC
SBC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
VRR/ALLM
パススルー
WI-FI 5LAN
端子
AirPlay 2
Google アシスタント
Chromecast built-in
Spotify Connect
Music Center Amazon 楽天 Yahoo 幅160mm x 高さ313mm x 奥行147mm
高さは2ℓペットボトルほど、幅は1,000円札の長辺ほど
CB:15W
SP:22W
New!
HT-A9000
¥209,000フラッグシップ2024年
6月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
7.0.2ch
(13ch)
585Wイネーブルド
スピーカー
ビーム
トゥイーター
アコースティック
センターシンク
クイック操作Dolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AAC自動音場
最適化
360 Spatial
Sound Mapping
360 Reality
Audio
ハイレゾVer.5.2
A2DP
AVRCP
SBC
AAC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
VRR/ALLM
パススルー
WI-FI 5Apple AirPlay 2
Spotify Connect
BRAVIA
Connect
幅1300 × 高さ64 × 奥行113mm (5.5kg)
※幅は59型パネルサイズ相当
62W
HT-A7000¥187,000フラッグシップ2021年
8月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
7.1.2ch
(内蔵SW)
500Wイネーブルド
スピーカー
ビーム
トゥイーター
アコースティック
センターシンク
クイック操作ディスプレイDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AAC自動音場
最適化

(別売専用
リアSP
が必要)
360 Reality
Audio
ハイレゾVer.5.0
A2DP1.3
AVRCP1.5
SBC
AAC
LDAC
SBC
LDAC
2/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
VRR/ALLM
パススルー
WI-FI 5Music Center Amazon 楽天 Yahoo 幅1300 × 高さ80 × 奥行142mm (8.7 kg)
※幅は59型パネルサイズ相当
65W
New!
HT-A8000
HT-A8000¥143,000ハイエンド2024年
6月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
5.0.2ch
(11ch)
495Wイネーブルド
スピーカー
アコースティック
センターシンク
クイック操作Dolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AAC自動音場
最適化
360 Reality
Audio
Ver.5.2
A2DP
AVRCP
SBC
AAC
LDAC
1/1VRR/ALLM
パススルー
WI-FI 5Apple AirPlay 2
Spotify Connect
BRAVIA
Connect
Amazon 楽天 Yahoo 幅1100 × 高さ64 × 奥行113mm (4.7kg)
※幅は50型パネルサイズ相当
60W
HT-A5000¥121,000ハイエンド2022年
10月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
5.1.2ch
(内蔵SW)
450Wイネーブルド
スピーカー
ビーム
トゥイーター
アコースティック
センターシンク
クイック操作ディスプレイDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AAC自動音場
最適化

(別売専用
リアSP
が必要)
360 Reality
Audio
ハイレゾVer.5.0
A2DP1.3
AVRCP1.5
SBC
AAC
LDAC
SBC
LDAC
1/18K/60fps
4K/120fps
(最大40Gbps)
VRR/ALLM
パススルー
WI-FI 5Music Center Amazon 楽天 Yahoo 幅1210 × 高さ67 × 奥行140mm (6.1 kg)
※幅は55型パネルサイズ相当
86W 
HT-A3000¥88,000ミドルハイ2022年
9月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー
3.1ch
(内蔵SW)
250Wアコースティック
センターシンク
クイック操作ディスプレイDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AAC自動音場
最適化

(別売専用
リアSP
が必要)
360 Reality
Audio
Ver.5.0
A2DP1.3
AVRCP1.5
SBC
AAC
LDAC
SBC
LDAC
-/1WI-FI 5Music Center Amazon 楽天 Yahoo 幅950 × 高さ64 × 奥行128mm (4.6kg)
※幅は43型パネルサイズ相当
50W
HT-S2000HT-S2000¥71,500ミドル2023年
6月
1ユニットサブウーファー
リアスピーカー

※SA-RS5は非対応
3.1ch
(内蔵SW)
250Wクイック操作ディスプレイDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AACVer.5.2
A2DP1.3
AVRCP1.5
SBC
AAC
-/1WI-FI 5 Amazon 楽天 Yahoo 幅800 × 高さ64 × 奥行124mm (3.7kg)
※幅は36型パネルサイズ相当
50W
HT-G700¥72,600ミドルハイ2020年
6月
2ユニット3.1ch
(ワイヤレス
SW)
400W
(BAR:300W
SW:100W)
ディスプレイDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AACVer.5.0
A2DP1.3
AVRCP1.6
SBC
AAC
1/14K/60fps
(最大18Gbps)
Amazon 楽天 Yahoo BAR:幅980 × 高さ64 × 奥行108mm (3.5kg)
SW:幅192 × 高さ387 × 奥行406mm (7.5kg)
※幅は44型パネルサイズ相当
BAR :45W
SW: 20W
HT-X8500¥44,000ミドル2019年
4月
1ユニット2.1ch
(内蔵SW)
160WランプDolby
Atmos
DTS:XMPEG-4 AACMPEG-2 AACVer.5.0
A2DP1.3
AVRCP1.6
SBC
AAC
1/14K/60fps
(最大18Gbps)
Amazon 楽天 Yahoo 幅890 × 高さ64 × 奥行96mm (3.1kg)
※幅は40型パネルサイズ相当
32W
HT-S400¥45,100エントリー2022年
5月
2ユニット2.1ch
(ワイヤレス
SW)
260Wクイック操作ディスプレイMPEG-2 AACVer.5.0
A2DP1.3
AVRCP1.6
SBC-/1 Amazon 楽天 Yahoo BAR:幅900 x 高さ64 x 奥行88mm (2.4kg)
SW:幅192 x 高さ387 x 奥行400mm (7.3kg)
 ※幅は41型パネルサイズ相当
BAR: 35W
SW:20W
HT-S200F生産完了エントリー2018年
1月
1ユニット2.1ch
(内蔵SW)
80WランプMPEG-2 AACVer.4.2
A2DP1.2
AVRCP1.6
SBC-/1 Amazon 楽天 Yahoo 幅580 x 高さ64 x 奥行95mm (2.3kg)
※幅は27型パネルサイズ相当
25W生産終了のため店舗在庫限り
チャコールブラック/クリームホワイトの2色展開
HT-S100FHT-S100F ソニー一部限定販売エントリー2018年
2月
1ユニット2.0ch100WランプMPEG-2 AACVer.4.2
A2DP1.3
AVRCP1.6
SBC-/1 Amazon 楽天 Yahoo 幅900 x 高さ64 x 奥行88mm (2.4kg)
※幅は41型パネルサイズ相当
30W
※ 2024/ 4/19時点のソニーストア価格(クーポン等適用前)
スポンサーリンク

HT-A7000

HT-A7000』は、7.1.2ch(内蔵サブウーファー)実用最大出力合計値500W。
フロントスピーカーの振り分けはセンタースピーカーが1基、フロントL/Rスピーカーが各2基の合計5基。

センタースピーカーは1基ですがフロントL/Rスピーカーの内側でも鳴らせるようになっていて、センタースピーカーだけで鳴らすのと比べるとクリアな音質のまま音圧を出せるようになっています。
そして対応のブラビアと組み合わせることでテレビをセンタースピーカーとして使えるアコースティックセンターシンクにも対応しています。

具体的にはHT-A7000が声の低域側をテレビが高域側を再生させることで声の位置をテレビの画面内に定位させ映像と音声の一体感、画音一致を体現。

また壁や天井の跳ね返りを利用しないで高さ方向の表現力を加える「Vertical Surround Engine」と前後左右方向の表現力を加える「S-Force Pro Front Surround」にも対応。
そして天井に音を反射させ高さ方向を実現するイネーブルドスピーカー、壁に音を反射させ横方向の表現力を実現するビームトゥイーターを掛け合わせたハイブリッド構成で立体感を演出。

そしてリアスピーカーを追加することで後方から音を出すだけでなく「360 Spatial Sound Mapping」にも対応。
それにより複数のファントムスピーカーを生成し広大な音場空間を創り出すことで、空間が音で満たされるような360立体音響を体験でき、まるで映画のワンシーンの中に自分がいるような圧倒的な臨場感を楽しめます。
この効果はソニーが飛び抜けていますので映画鑑賞なら全部入りのHT-A7000で間違いないです‼︎!

スポンサーリンク

おすすめポイント!

立体音響:オプションのリアスピーカーを付け足すことで、他のサウンドバーとは段違いの包み込まれる様な立体音響 業界ダントツNo.1

パススルー:世界で唯一無二の8K/4Kパススルー対応(4K/120fps(最大40Gbps)対応 ソニーのみのオンリーワン
※ ソニー以外のサウンドバーのパススルーは4K/60fps対応まで

VRR、ALLM:世界で唯一無二のVRR、ALLMに対応 ソニーのみのオンリーワン

広大な音場:広いリビングに適した広大な音場 業界トップクラス

対応音声フォーマット完璧な音声フォーマット対応で、フォーマット起因による音が出ない問題がない 業界トップクラス

操作性・視認性:対応のブラビアならクイック設定で操作できる快適さ ソニーのみのオンリーワン

アコースティック サーフェス:対応のブラビアをセンタースピーカーとして使えるアコースティック サーフェスに対応 ソニーのみのオンリーワン

ネットワーク対応:豊富なストリーミングサービスやアプリに対応 業界トップクラス

Bluetooth:高音質BluetoothのLDAC、iPhoneの音楽を繋げるAACに対応

ハイレゾ対応

スポンサーリンク

いまいちポイント!

音質:サウンドバーは音質的に音楽鑑賞には不向きですが、他社のフラグシップモデルと比べて純粋な音楽鑑賞には一歩劣る音質。その代わりライブ音楽だとコンサート会場にいる様な包み込まれ感があって適していたり、映画やゲームには適しています。

聞き取りやすさ:セリフが聞き取りにくいわけではないがボーズやソノスの方が聞き取りやすい

サイズ:大きさと音質は比例するものなのでしょうがないけど大きい

8K/4Kパススル:パススルーに対応しているけどVRR非対応 (ただしVRRに対応しているメーカーはないですし、4K/120fpsに対応している機種も稀です)2023年8月24日(木)のアップデートで対応

オプション:サブウーファーの割高感 (世の中共通してなんでもオプションは高い)

カラー:限定でもよいのでシックで上品なブラックカラーバージョンが欲しい

コンセント確保 :個人的には充電タイプよりもコンセントタイプ派ですので問題ないですが、不満点に上げる方が多い。

価格 :値上げを繰り返した結果フルセットが気軽には買えない価格にまで高騰

スポンサーリンク

対応音声フォーマット

ソニーの音声フォーマット対応は業界No.1全部入りのHT-A9です。
海外メーカーは、日本の地デジやBSの音声フォーマットに対応していないものが多いです。
音声フォーマットに対応していない場合は、テレビの音声モードをオートに設定して下位互換再生、音声が出なければPCMに変更しなくてはいけないので不便ですし、ベストな音質ではないです。

その様な不便がなくベストな音声フォーマットで楽しめるのが全部入りのHT-A9です。

使用されている音声フォーマット

VOD:Dolby Atmos (ドルビーデジタルプラス)
BDソフト:Dolby Atmos / DTS:X
8K/4K放送:MPEG-4 AAC
地デジ/BS/CS放送:MPEG-2 AAC
ソニーのサウンドバーは対応音声フォーマットが、幅広く近年絶滅しかかっているDTS:Xにも対応している希少なサウンドバーです。

HT-A7000対応音声フォーマットHDMI
入力1/2
eARCARCOPT
LPCM 2ch
LPCM 5.1ch
LPCM 7.1ch
Dolby Digital
Dolby TrueHD
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
Dolby Atmos – Dolby TrueHD
Dolby Atmos – Dolby Digital Plus
DTS
DTS-ES Discrete 6.1、
 DTS-ES Matrix 6.1
DTS 96/24
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-HD Master Audio
DTS:X
MPEG-2 AAC
MPEG-4 AAC
ご注意 HDMI入力端子は、スーパーオーディオCDやDVDオーディオなどのコピープロテクションが含 まれる音声フォーマットには対応していません
スポンサーリンク

ゲーム対応

ゲーム対応も業界No.1全部入りのHT-A7000です。
ゲームを楽しむためにはその場にいる様な臨場感や指向性が需要です。
そしてその臨場感を体現できる360 Spatial Sound Mappingにも対応していて音の広がりと密度を高めたサラウンド音場を再現でき、より没入感のある大迫力のゲームを楽しめます。

ラスボスの部屋の扉を開ける音、響く足音、後ろの扉が突然閉められてしまう音、全てがリアルでその世界に飛び込めるのがHT-A9です。

そしてもう1つHDMI入力端子は必須というわけではないですがテレビによっては音声遅延がでる可能性がありますのでそれを回避できるのが大きいです。
それとHDMI2.1対応ゲーム機を複数お持ちの方ですと1台しか接続できないテレビが多いですが(サウンドバー接続時)、A7000は8K/4Kパススルー対応(4K/120fps(最大40Gbps)対応)の端子が2個ありますのでゲーム機をサウンドバーに接続する事でテレビと合わせて合計3台まで接続できます。

ちなみに8K/4Kパススルー対応(4K/120fps(最大40Gbps)対応)VRR、ALLMのパススルーに対応しているサウンドバーはソニーしかないです。(2023/8/26時点)
これほど充実したサウンドバーは他にない全部入りのHT-A7000です。

スポンサーリンク

音楽鑑賞

前置きとして全メーカー共にサウンドバーは、音質的に音楽鑑賞に向いていません。気軽に音楽を楽しむモノ位に捉えるのがよいと思います。

とは言うものの音質はとても大事ですが、ソニーのサウンドバーは他メーカーと比べより映画鑑賞向きになっているので純粋な音楽鑑賞向きではないです。
その代わり、ハイレゾ対応や高音質BluetoothのLDAC対応にも対応、そして「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」に対応していますので360度全身包み込まれるような没入感ある立体的な音楽を感じることができますので音楽ライブには一番適している全部入りのHT-A9です。

対応ネットワークサービス

AirPlayエアプレイ 2:iPhone、iPad、Mac等から音楽などを簡単に再生

Works with the Googleワークス・ウィズ・ザ・グーグル アシスタント:Google アシスタント 搭載スマートスピーカーに話しかけることでサウンドバーからストリーミングサービスなどの音楽を流せるほか、ホームネットワーク内のWorks with the Google アシスタント に対応したオーディオ機器からも同じ音楽を同時に再生する、マルチルーム機能を使用することも可能。

Works wits Alexaワークス・ウィズ・アレクサ:Amazon Alexa搭載デバイス(別売)と組み合わせることで、ストリーミングサービスなどの音楽再生、再生・曲送り/戻し・音量の調整などの操作可能。

Chromecast built-inクロムキャスト・ビルトイン:Androidスマホからの操作でコンテンツをストリーミング再生可能

Spotify Connectスポティファイ・コネクト:スマートフォンからの操作で Spotifyをストリーミング再生が可能。また再生中のプレイリストをプリセット登録することで、次回からサウンドバーメニューからの操作でストリーミング再生することが可能。

Music Centerミュージッ・センター:音楽管理、転送アプリ対応

スポンサーリンク

快適性

使いやすさや状態確認の分かりやすさもとても大事です。
ソニーは使いやすさや状態確認の分かりやすさ業界No.1全部入りのHT-A9です。

分かりやすいディスプレイ表示:コントロールボックスのディスプレイに表示してくれるので状態が分かりやすいです

クイック設定で操作
対応ブラビア(Jシリーズ以降)接続時はクイック設定にお好みでサウンドバーの操作メニューを自由に追加できて便利状態確認にも優れていて快適です。テレビを見ながらできて本当によいです!
クイック設定に表示する情報
・サウンドフィールド ON/OFF
・ボイスモード ON/OFF
・ナイトモード ON/OFF
・サブウーファー音量
・リアスピーカー音量

自動音場最適化機能
内蔵マイクにより天井と両側の壁までの距離を自動で計測。理想的な音響特性に自動調整します。

ボイスモード
人の声の周波数成分をイコライザー補正することで明瞭度を高めセリフをクリアに再現。

ナイトモード
深夜などの小音量時でも明瞭感のあるサウンドを得られるよう最適なバランスに調整。
小音量でもクリアな音質で包み込まれるようなサラウンド空間を再現でき、映画などのコンテンツを臨場感豊かに楽しめます。
因みにサウンドモードは5種類です(オートサウンド/シネマ/スタンダード/ボイス/ナイトモード)その他にドルビー・スピーカー・バーチャライザー/DTS Neural:Xも選べます。

IRリピーター
サウンドバーがテレビリモコン受光部を隠してしまってもサウンドバー背面からテレビに向けて送信しくれます

スポンサーリンク

デザイン

ソニー公式YouTube(2分51秒)

デザインは上部がガラスなので高級感があってよいのですが映像が反射してしまいます。
ただし硬くて重いガラスは振動を抑える効果もあります。

それとイネーブルドスピーカー部分は音の抜けがよいファブリック素材を採用。
側面まで巻いて一体感のあるデザインになっています。

また前機種HT-ST5000の様に前面のパネルが取れなくなったのは個人的には残念ですが、これには理由があります。
これ迄はハイレゾ音源を楽しむ際にはフロントグリルを外すことを推奨されてきましたが、今回新しいラウンドフォルムとグリルの穴のサイズの開発によりフロントグリルを装着したままでもハイレゾの高音質を楽しむことができるようになったからだそうです。

サイズ

最大外形寸法(約):幅1,300 mm × 高さ80 mm × 奥行き142 mm(突起部除く)
質量(約):8.7 kg

横幅サイズ
1,300mmはテレビで言うと59インチサイズに相当しますので、60インチのテレビよりほんの少し小さいです。
因みに1,300mmは一般的な小学校の机を2つ並べた長さです。

高さ
80mmですのでブラビアをサウンドバーポジションにしても殆どの機種は画面の縁に被り、高さがないテレビだと画面に被ります。
因みに1万円札の横幅は160mmですので半分に折ると丁度80mmです。
1万円札がお財布に入ってなければ日本の紙幣は全て高さ76mmですのでサイズ確認する際いにおすすめです。

奥行き
142mmですのでテレビスタンドの間に収まるか上に置けるのなら問題ないです。
ただしスタンドの更に前に置かなければいけないプルスウルトラ状態の場合は設置が難しいと思います。
因みにCD、DVD、BDなどのプラスチックケースの横幅は142mmですのでサイズ確認する際いにおすすめです。

スポンサーリンク

サブウーファー SA-SW5 / SA-SW3

集合住宅だからサブウーファーは要らないという方が多いですが、サブウーファーは低音をドンドコ鳴らすだけではなく音質に厚みをもたらしてくれて濃厚で豊かな音質にしてくれます。
下品に低音をドンドコ鳴らすのではなく近隣に迷惑のかからない様にボリュームを抑えめにしつつ濃厚で豊かな音質にするのがおすすめの使い方です。


特にソニーのサウンドバーはサブウーファーを付けることによりサウンドバーが低音を出さなくてよくなり中高音をその分出せる仕様で音質アップ効果が大きいです。(他メーカーも書いてはいないけど同様に中高音がよくなります)
そのためサブウーファーを付け足すことで音質アップ効果が大きいです。

SW5とSW3の違い

SW5とSW3の主な違いは5つ!
対応周波数:サイズが大きければより低い低音が出てリアルな音質を得られます
音圧:サイズが大きければよりパワーフルな音質を得られます
音のキレ:バスレフは構造上どうしても余韻のある低音になりますので、パッシブ方式の様な切れのある低音は得られません
本体サイズ:容積SW5(47.8 L)とSW3(30.9 L)ですので、その差17L分の容積差がありだいぶ違います (SW5の体積はSW3の約54.7%増)
価格:お値段は約2倍

対応周波数

HT-A7000本体のみ:20kHz~57Hzほど
HT-A7000+SA-SW3:20kHz~48Hzほど
HT-A7000+SA-SW5:20kHz~34Hzほど
※メーカー非公表のため推定

選び方

よく集合住宅でそんなに音が出せないからSA-SW3でいいやという方が多いですが、どちらにしてもフルパワーで使うわけではないですし匙加減さじかげんひとつです。
その様な選び方ではなく下記の様な選び方がおすすめです。

SA-SW5の方がより低い周波数に対応しているので、より自然でリアルな音質です。
それとパッシブとバスレフによる違いで、SA-SW3は余韻のある低音、SA-SW5は余韻の少ないキレのある低音です。

SA-SW5余韻の少ないキレと深みのある低音、より低い低音や迫力、リアル感、音質を追求したい方は「SA-SW5」
SA-SW3柔らかみと余韻のある低音、小スペースで低音を強化したい方は「SA-SW3」

機種名_商品写真_ソニーストアー価格 
(クーポン等適用前)
Amazon楽天市場Yahoo!発売年 スピーカー構成実用最大
出力
幅x高さx奥行きmm
質量(約)
消費電力対応機種
SA-SW593,500 円 (税込)Amazon楽天市場Yahoo!2021180mm ダウンファイアリング
200mm×300mm パッシブラジエーター
300W277mm×409mm×422mm
13 kg
43WHT-A9
HT-A7000
HT-A5000
HT-A3000
SA-SW352,800 円 (税込)Amazon楽天市場Yahoo!2021160mm バスレフ200W201mm×382.5mm×402mm
9.0 kg
40WHT-A9
HT-A7000
HT-A5000
HT-A3000
ソニー(SONY)
¥75,522 (2024/05/11 00:14時点 | Amazon調べ)
ソニー(SONY)
¥36,355 (2024/05/11 00:14時点 | Amazon調べ)

リアスピーカー SA-RS5 / SA-RS3S

従来の様にリアスピーカーから音を出すだけでなくバーチャルサラウンド技術を組み合わすことで
高いサラウンド効果を実現させます。この技術にずば抜けて秀でているのがソニーです。

更にサラウンド効果が欲しくなった時は迷うことなく手に入れるべきです。買うか買わないかではなくどちらを買うのかだけです!

RS5とRS3の違い

RS5とRS3の主な違いは「360 Spatialスペシャル Soundサウンド Mappingマッピング」の効果の違いです。
リアスピーカーとして開発されたRS3360 Spatial Sound Mappingの使用を考えて作られたRS5ですので360効果の違いは明らかに差があります。
RS5はイネーブルドスピーカーがあり出力も80W高いので効果が高く包み込まれている感が違います。
あとは普通のコンセント接続と充電式の違いが大きいです。

機種名_商品写真_ソニーストアー価格 
(クーポン等適用前)
Amazon楽天市場Yahoo!発売年電源スピーカー構成チャンネル数実用最大
出力合計値
360 Spatial Sound Mapping
(サンロクマル スペーシャル
サウンド マッピング)
幅x高さx奥行きmm
質量(約)
消費電力対応機種備考
SA-RS574,800 円 (税込)Amazon楽天市場Yahoo!2022充電方式
最大10時間再生可能
(10分の急速充電で最大90分再生可能)
ウーファー(パッシブラジエーター70mm×82mm)
トゥイーター(14mm ソフトドーム)
イネーブルドスピーカー(46mm×54mm)
6ch
(L:3ch+R:3ch)
90W+90W対応
(効果:大)
145mm×250mm×134mm
2.4kg×2基
45.6W
(内蔵充電池充電中)
HT-A7000
HT-A5000
HT-A3000
・ACアダプター接続なし:電源オフのみ連動(手動で電源ON)
・ACアダプター接続あり:電源オン/オフ連動
※ACアダプターは充電完了後は抜くことを推奨(接続状態でも使用可能)
SA-RS3S52,800 円 (税込)Amazon楽天市場Yahoo!2021通常の電源コード接続フルレンジ(バスレフレックス46-54mm)
トゥイーター(16mm ソフトドーム)
2ch
(L:1ch+R:1ch)
50W+50W対応
(効果:中)
100mm×187mm×100mm
1.1kg×2基
11WHT-A7000
HT-A5000
HT-A3000
ソニー(SONY)
¥45,451 (2024/05/11 00:14時点 | Amazon調べ)

HT-A7000 詳細

スピーカー

7.1.2ch(11ch)内蔵サブウーファー
 フルレンジ:46mm × 54mm (コーン)X-Balanced Speaker ×5基
 ウーファー(サブウーファー):51mm × 97mm (コーン)X-Balanced Speaker ×2基
 ビームトゥイーター:ビームトゥイーター ×2基
 イネーブルドスピーカー:46mm × 54mm X-Balanced Speaker ×2基
実用最大出力合計値:500W

寸法

最大外形寸法(約):幅1,300 mm × 高さ80 mm × 奥行き142 mm(突起部除く)
質量(約):8.7 kg

無線LAN部 

通信方式:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5対応)
使用周波数帯域:2.4 GHz、5 GHz

ワイヤレストランスミッター レシーバー部

通信方式:Wireless Sound Specification version4.0
使用周波数帯域: 5GHz帯

Bluetooth

Bluetoothバージョン:Ver.5.0
最大通信距離:見通し距離約30m
最大登録台数:9台
使用周波数帯域:2.4 GHz 帯(2.4000 GHz ~2.4835 GHz)
対応コーデック
 RX (受信):SBC/AAC/LDAC
 TX(送信):SBC/LDAC

付属品

・ワイヤレスリモコン(RMT-AH509J) ※別途購入時は1,100円ほど
・単4形乾電池×2
・ACコード
・HDMIケーブル(8K/4K 120対応、1.5m)
・テレビセンタースピーカーモードケーブル(2m)
・壁掛け用ブラケット×2
・ネジ×2 
・壁掛けテンプレート
・取扱説明書
・スタートガイド

HT-A7000 電子ヘルプガイド

HT-A7000 | ヘルプガイド | トップページ
製品を使っていて困ったときやわからないことがあったときに使うマニュアルです。

お問い合わせ相談窓口

使い方相談窓口
フリーダイヤル 0120-333-020
携帯電話 PHS 一部のIP電話 050-3754-9577
月~金 10:00~18:00 土日祝 10:00~17:00
(年末年始は除く)

修理相談窓口
フリーダイヤル 0120-222-330
携帯電話 PHS 一部のIP電話 050-3754-9599
月~金 10:00~18:00 土日祝 10:00~17:00
(年末年始は除く)

ソニー(SONY)
¥73,318 (2024/05/15 04:31時点 | Amazon調べ)
ソニー(SONY)
¥36,355 (2024/05/11 10:59時点 | Amazon調べ)
ソニー(SONY)
¥45,451 (2024/05/14 05:53時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました