BRAVIA

BRAVIA

『A80Jシリーズ』2021年ソニーブラビアのスタンダード有機EL

ソニーA80Jシリーズ (SONY BRAVIA)2021年度製4K有機ELテレビのおすすめ機種:A80Jのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、上位機種A90Kとの違い、詳細データーなどを紹介。 紹介機種XRJ-77A80J / XRJ-65A80J / XRJ-55A80J
BRAVIA

『A90Jシリーズ』2021年ソニーブラビアのフラッグシップ4K有機ELテレビ

ソニーA90Jシリーズ (SONY BRAVIA)2021年度製4K有機ELテレビのおすすめ機種:A90Jのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、下位機種A80Kとの違い、詳細データーなどを紹介。 紹介機種XRJ-83A90J / XRJ-65A90J / XRJ-55A90J
BRAVIA

「X85Kシリーズ」ソニーブラビアのミドルクラス4K液晶テレビ

X85Kシリーズは、2022年秋に発売されたソニーブラビアのミドルクラス4K液晶。 エッジ型バックライトとコントラストに優れたVAパネルを採用し高画質プロセッサーHDR X1(エイチディーアール エックスワン)で制御する事で色鮮やかな色彩をを実現。 また、このクラスから倍速駆動パネルとモーションフローXR240により残像感を減らし動きの速い映像もなめらかに表現。 そして使い心地のよいインターフェイスとサクサクなレスポンス、無線リモコンによる快適な操作性、Google TVによる拡張性を手にした液晶テレビです。 本サイト内ではX85Kのおすすめポイント、いまいちポイント、新旧比較、下位機種X80Kとの違いなどを紹介。 紹介機種KJ-55X85K / KJ-50X85K / KJ-43X85K
BRAVIA

ソニーブラビア『X90Kシリーズ』上位モデルでは日本で1番売れているテレビです‼︎

ソニー ブラビアX90K(SONY BRAVIA)2022年度製4K液晶テレビのおすすめ機種:X90Kのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、上位機種X95Kとの違い、旧機種 X90Jとの違い、ライバル機種との比較など詳細データーを紹介。 紹介機種XRJ-85X90K / XRJ-75X90K / XRJ-65X90K / XRJ-55X90K / XRJ-50X90K
BRAVIA

『X95Kシリーズ』ソニーブラビアのMini LED & 量子ドットを搭載した最高峰4K液晶テレビ

X95Kシリーズは、2022年夏秋に発売されたソニーブラビアの最上位の4K液晶モデル。 高輝度Mini LEDバックライトと量子ドット(白色変換)をカラーフィルターで変換する方式を採用。 それをBRAVIA XR(エックスアール)で制御する事で眩いほどの輝きと漆黒を実現。 また、VAパネルの弱点を補うエックス ワイド アングルで広視野角をエックス アンチ リフレクションにより太陽光や室内灯などの反射を抑えつつもノングレアパネルのように画面が白っぽくなるのも防ぐ事で最も有機ELに近い画質を実現した液晶テレビです。 本サイト内ではX95Kのおすすめポイント、いまいちポイント、下位機種X90Kとの違い、旧機種X90Jとの違いなどを紹介。 紹介機種XRJ-85X95K / XRJ-75X95K / XRJ-65X95K
BRAVIA

『A95K -MASTER Series-』世界最高画質!! ソニーブラビアの4K有機ELテレビ

X95Kシリーズは、2022年夏に発売されたソニーブラビアのフラッグシップ4K有機ELテレビ。 サムスンの新型パネルQD-OLEDと量子ドットを搭載しXR OLEDコントラストプロ、温度センサー、放熱用インナープレートを掛け合わせ、それを認知特性プロセッサーXRで制御する事で市販品では世界最高画質のテレビと成しえています。 ちなみに本家サムスンに最大輝度では劣るものの画質そのものはソニーの方が上まっています。 本サイトではA95Kのおすすめポイントやいまいちポイント、A90KやA80Kとの違い、新旧比較などを紹介します。 紹介機種XRJ-65A95K / XRJ-55A95K
BRAVIA

『A90K -MASTER Series-」有機ELシェアNo.1ソニーブラビアのコンパクト有機EL

ソニーA90Kシリーズ SONY BRAVIA 〜MASTER Series〜:ソニーのコンパクトプレミアム4K有機ELテレビ。 スペック的にはA80Kとほぼ同じです。主な違いはサイズ展開、スピーカー、スタンドデザインです。 それ以外は大きな違いがないですが「MASTER Series」を冠されているのはサイズ帯では最高峰画質であり工場出荷時にファクトリーキャリブレーションをおこない出荷されているためです。 A90Kのおすすめポイントやいまいちなポイント、使い勝手、A95KやA80Kとの違い、詳細データーを紹介。 紹介機種はXRJ-48A90K / XRJA-42A90K
BRAVIA

X80KとX80WKどちらがおすすめ?ソニーブラビアのエントリークラス4K液晶

2022年ソニーのエントリークラス4K液晶 X80K/X80WKシリーズは、2022年夏秋に発売されたソニーブラビアのエントリークラス4K液晶。 販路の違いでX80KとX80WKに分かれています。 エッジ型バックライトと視野角に優れたIPSパネルを採用(50V型のみVAパネル)し高画質プロセッサーHDR X1(エイチディーアール エックスワン)で制御する事で色鮮やかな色彩をを実現。 そして使い心地のよいインターフェイスとサクサクなレスポンス、無線リモコンによる快適な操作性、Google TVによる拡張性を手にした液晶テレビです。 本サイト内ではX80K/X80WKシリーズのおすすめポイント、いまいちポイント、X80KとX80WKの違い、新旧比較、上位機種X85Kとの違いなどを紹介。 紹介機種KJ-75X80K / KJ-65X80K / KJ-55X80K / KJ-50X80K / KJ-43X80K / KJ-75X80WK / KJ-65X80WK / KJ-55X80WK / KJ-50X80WK / KJ-43X80WK
BRAVIA

『A80Kシリーズ』日本で1番売れている有機ELテレビ!ソニーブラビア

A80Kシリーズは、2022年夏に発売されたソニーブラビアのスタンダード4K有機ELテレビ。 また2018年発売のA8Fから続く有機EL販売台数No.1のテレビでもあります。 特徴は画面から音が出るので自然な音の定位感があり、ストレートに届くので部屋の環境に左右されにくくセリフが明瞭で聞きとりやすいスピーカーです。 更にテレビ自体をセンタースピーカーとしても利用もできます。 また、スピーカーの出っ張りがないので本当に画面だけのシンプルデザインも実現しています。 A80Kのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、A95KやA90Kとの違い、旧機種A80Jとの違いなどを紹介。 紹介機種XRJ-77A80K / XRJ-65A80K / XRJ-55A80K
BRAVIA

『X80Jシリーズ』2021年ソニーブラビアのエントリー4K液晶テレビ

ソニー ブラビアX80Jシリーズ(SONY BRAVIA)2021年度製4K液晶テレビ:ネット専売モデルなので量販店には展示品などはないです。 X80Jのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、上位機種X85Jとの違い、詳細データーなどを紹介。
BRAVIA

『X85Jシリーズ』2021年ソニーブラビアのミドルクラス4K液晶

ソニー ブラビアX85Jシリーズ(SONY BRAVIA)2021年度製4K液晶テレビ:X85Jのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、上位機種X90Jとの違い、詳細データーなどを紹介。
BRAVIA

『X95Jシリーズ』2021年ソニーブラビアのプレミアムハイエンドモデル4K液晶

ソニー ブラビアX95J(SONY BRAVIA)2021年度製4K液晶テレビのおすすめ機種:X95Jのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、下位機種X90Jとの違い、詳細データーなどを紹介。  紹介機種XRJ-85X95J / XRJ-75X95J / XRJ-65X95J
BRAVIA

『X90Jシリーズ』2021年ソニーブラビアのミドルハイクラスの4K液晶テレビ

ソニー ブラビアX90Jシリーズ(SONY BRAVIA)2021年度製4K液晶テレビのおすすめ機種:X90Jのおすすめポイントやいまいちポイント、使い勝手、上位機種X95Jとの違い、詳細データーなどを紹介。
スポンサーリンク(cocoon)