サウンドバー

Sonos

ソノス『Sonos Era 100』

「Sonos One」をアップグレードしたモデル。少し大きくなり、左右に向かってツイーターを2基搭載することで単体でのステレオ再生を実現し、中高域はクリアで音の広がりが増しています。またミッドレンジウーファーを25%大型化することで低音の再...
Sonos

ソノス『Sonos Era 300』

『Sonos Eraソノス・エラ 300』は、2023年3月29日にソノスより発売されたEraシリーズ2種の上位モデルで空間オーディオに対応した唯一のモデル。また、従来から発売されているOneシリーズの上位モデルでもあります。 Oneシリー...
Sonos

ソノス『Sonos One』&『Sonos One SL』

サテライトスピーカー『Sonos One』は2019年2月に発売された音声アシスタント対応Wi-Fiスピーカー。その姉妹品『Sonos One SL』は、サイズと機能、操作性は同じに音声アシスタント用のマイクを省いたモデルです。リアスピーカ...
Sonos

ソノス「Sonos Arc」

ソノス Sonos Arc 「Sonos Arcソノスアーク」は2020年10月に発売されたSonosソノスの最上位サウンドバー。外観は楕円形でどの角度から見ても洗礼された高級感のあるデザインです。 スピーカーは合計11基。構成は8基の楕円...
Bose

ボーズ「Smart Soundbar 900」

視聴してみてよかった音質重視のおすすめ市場最響ハイエンドサウンドバー9機種を紹介‼︎結論的にはコスパと使い勝手はJBL、映画とゲームはソニーフルセット、純粋に音楽ならB&W, Sennheiser、音楽や映画に力強さを求めるならBOSE+700, Devialet、音質的になんでもござれはSONSだけど使う環境によってはどうにもならないので要注意‼︎ 紹介機種はソニー「HT-A9」「HT-A7000」「HT-A5000」ボーズ「Smart Soundbar 900」ソノス「Sonos Arc」JBL「BAR 1000」バウワース&ウィルキンス「Panorama 3」 ゼンハイザー「AMBEO Soundbar」デビアレ「Dione」
Bose

ボーズ「Bose Smart Ultra Soundbar」

視聴してみてよかった音質重視のおすすめ市場最響ハイエンドサウンドバー9機種を紹介‼︎結論的にはコスパと使い勝手はJBL、映画とゲームはソニーフルセット、純粋に音楽ならB&W, Sennheiser、音楽や映画に力強さを求めるならBOSE+700, Devialet、音質的になんでもござれはSONSだけど使う環境によってはどうにもならないので要注意‼︎ 紹介機種はソニー「HT-A9」「HT-A7000」「HT-A5000」ボーズ「Smart Soundbar 900」ソノス「Sonos Arc」JBL「BAR 1000」バウワース&ウィルキンス「Panorama 3」 ゼンハイザー「AMBEO Soundbar」デビアレ「Dione」
アーカイブ

ヤマハ「YAS-209」

ヤマハ YAS-209 「YAS-209 」は2019年8月にヤマハから発売されたエントリークラスサウンドバー。2017年7月に発売された「YAS-207」の後継機種で約2年ぶりのモデルチェンジです。スピーカー構成は、フロントL/Rにドライ...
アーカイブ

ボーズ「Bose Smart Soundbar 700」

ボーズ『Bose Smart Soundbar 700』 『Bose Smart Soundbarボーズ・スマート・サウンドバー 700』は2018年10月に発売されたBOSEボーズの最上位サウンドバー。外観は薄型スリムで角が少し丸びた美し...
アーカイブ

オリオン「SBS-900BT」

オリオン SBS-900BT 「SBS-900BT 」は2021年11月にオリオンから発売された真空管搭載&昭和レトロ調木目デザインのエントリークラスサウンドバー。音質は、音に広がりはなくスピーカーそのものから出ていて包みこまれ感なんて全く...
サウンドバー

ゼンハイザー「AMBEO Soundbar Plus」

AMBEO Soundbar Plus 海外では昨年度から発売が開始されたゼンハイザーのハイエンドサウンドバー「AMBEO Soundbar Plusアンビオ サウンドバー プラス」が日本市場でも2023年 6月15日に発売されました。世界...
サウンドバー

安いのに視聴してみて良かったおすすめのコスパ最強‼︎市場最響エントリークラスサウンドバー【2024年】

サウンドバーには、そんなにお金をかけたくないけど音質がよいのが欲しい、おやつは300円!サウンドバーは3万円以内でと心に誓っている方に向けた記事です。視聴してみて良かった安いけど音質の良い!おすすめのエントリークラス市場最響サウンドバーを厳...
サウンドバー

視聴してみてよかったおすすめの市場最響ミドルクラスサウンドバー【2024年】

視聴してみてよかったおすすめの市場最響ミドルクラスサウンドバーを紹介します。 サウンドバーに10万円とかは出したくないけど音質が良いのが欲しいと考えている方に向けた記事です。 紹介機種の条件は下記の通りです。 ・価格は5万円台が主戦場ですがモノが良ければ少し奮発して¥69,800以下まで ・音質の良いミドルクラスサウンドバー ・ハイエンドクラスでもミドルクラス並みのお値段ならOK 聴き比べての結果はデノン「DHT-S517 」1響でした。 5万円ほどですが音質は10万オーバーの1ユニットハイエンドモデルを凌駕するほどです。 あと気になる機種はボーズ「Bose Smart Soundbar 700」です。 ハイエンドクラスですが新機種発売に伴いお値段がミドルクラスになっていますので価格しだいではおすすめです。 それとサブウーファーは置きたくない派や将来はサブウーファー置きたくなるかも派の方にもおすすめです。 紹介機種はデノンDHT-S517, デノンHOME SOUND BAR 550, ボーズBose Smart Soundbar 700, ボーズ Bose Smart Soundbar 600, ソノスSonos Beam (Gen 2), JBL Bar 5.0 MultiBeam, ソニー HT-A3000, ソニーHT-G700
サウンドバー

視聴してみてよかった音質重視のおすすめ市場最響ハイエンドサウンドバー【2024年】

視聴してみてよかった音質重視のおすすめ市場最響ハイエンドサウンドバー9機種を紹介‼︎結論的にはコスパと使い勝手はJBL、映画とゲームはソニーフルセット、純粋に音楽ならB&W, Sennheiser、音楽や映画に力強さを求めるならBOSE+700, Devialet、音質的になんでもござれはSONSだけど使う環境によってはどうにもならないので要注意‼︎ 紹介機種はソニー「HT-A9」「HT-A7000」「HT-A5000」ボーズ「Smart Soundbar 900」ソノス「Sonos Arc」JBL「BAR 1000」バウワース&ウィルキンス「Panorama 3」 ゼンハイザー「AMBEO Soundbar」デビアレ「Dione」
サウンドバー

HT-G700 ソニーのミドルクラスサウンドバー

2020年 6月13日に発売されたミドルクラスサウンドバー「HT-G700」 ソニーのサウンドバーが欲しいけどAシリーズほど予算は掛けたくない場合のおすすめスピーカーです。 店舗に勧められたり、サブウーファーは置きたくない、もう少し予算を抑えたいからなどの理由で「HT-X8500」を選ぶ方が多いですが「HT-G700」にした方が満足度が高くおすすめです。 HT-G700は3.1ch(ワイヤレスサブウーファー)実用最大出力合計値400W。 フロントスピーカーの振り分けはセンタースピーカー/フロントL/フロントRの合計3基。 センタースピーカーにより音像の定位が上がりクリアーでセリフが聞き取りやすくなっています。
サウンドバー

HT-A3000 ソニーのミドルハイクラスのサウンドバー

ソニーの全部入りフラッグシップサウンドバーHT-A7000を長男にもつサウンドバーAシリーズ三兄弟の末っ子が2022年 9月10日に発売されました。 スペックはシンプルにサイズはコンパクト(普通サイズ)になっています。A7000と比べA5000は小幅にスペックとサイズを削った仕様でしが、A5000と比べA3000は大幅にスペックとサイズを削った仕様です。 HT-A3000と上位機種のA5000との主な違いは天井に音を反射させ高さ方向を実現するイネーブルドスピーカー、壁に音を反射させ横方向の表現力を実現するビームトゥイーターが非搭載となり最大出力450Wが250Wに、HDMI入力端子非搭載、サイズが260mm短くなって950mm(43V型の横幅相当)になりました。
サウンドバー

HT-A5000 ソニーハイエンドモデルで全部入りのサウンドバー

ソニーの全部入りフラッグシップサウンドバーHT-A7000を長男にもつサウンドバーAシリーズ三兄弟の次男坊が2022年10月22日(土)に発売されました。 スペックとサイズ的には8:2で長男寄りになっていてHT-A7000ライトと言った方が近いです。長男のA7000との主な違いはフロントスピーカーが5個から3個に、最大出力が500Wが450Wに、HDMI入力が1個から2個に、サイズが90mm短くなって1,210mm(55V型の横幅相当)になりました。
サウンドバー

HT-A7000 ソニーのフラッグシップモデル!映画とゲームに最も適した全部入りサウンドバー

2021年発売のソニーの全部入りフラッグシップサウンドバー!今流行りの自宅映画館に最も相応しいい最高峰のサウンドバーです。映画鑑賞に向いた最高峰のサウンドバーが欲しけれHT-A7000で間違いないです。スピーカーの存在感なく包み込まれいる感を重視するならHT-A9ですが音質重視ならHT-A7000です。
サウンドバー

HT-A9 ソニーのフラッグシップモデル!まるで魔法の様な立体音響スピーカー

全く期待していなかったのですが初めてHT-A9の音を聞いたときは凄い立体音響になんじゃこりゃぁぁぁと心の中で叫んでしまいました。 たった4つしかないスピーカーで音が前後左右はもちろん上からもあらゆる方向から聞こえてきます。 スピーカーのない位置から聞こえてくる様はまるで魔法の様で映画鑑賞やゲームに向いた最高峰のサウンドバーが欲しけれHT-A9で間違いないです‼︎
サウンドバー

ソニーのサウンドバー 新型モデルと旧モデルの違い!おすすめポイントといまいちポイント【2024年】

ソニーのサウンドバー2022年度ラインナップをシンプルに分かりやすく紹介!HT-A9,HT-A7000,HT-A5000,HT-A3000,HT-G700,HT-X8500,HT-S400の違いや特徴おすすめポイントやいまいちポイントに分けて解説。
スポンサーリンク(cocoon)